TOP > JNCAPの取り組み > JNCAPの取り組み

JNCAPの取り組み

日本でも自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program:JNCAP)が開始されるようになり、独立行政法人自動車事故対策機構により、実車衝突試験に基づく車種別衝突安全性評価が行われるようになりました。

・1995年度からフルラップ前面衝突試験、ブレーキ性能試験を実施しています。
・1999年度から側面衝突試験を実施しています。
・2000年度からオフセット前面衝突試験を実施すると共に、衝突安全性能の総合評価を開始しました。
・2001年度からチャイルドシートアセスメントを実施しています。
・2003年度から歩行者頭部保護性能試験を実施しています。
・2008年度からサイドカーテンエアバッグの装備された車両について、展開状況及び展開範囲についての評価を行っています。
・2009年度から後面衝突頚部保護性能試験、前面衝突後席乗員保護性能評価、後席シートベルト使用性評価試験及び座席ベルトの非装着時警報装置評価試験を開始しました。
・2011年度から歩行者脚部保護性能試験、衝突後の感電保護性能評価を実施すると共に、新安全性能総合評価を開始しました。
・2014年度からは、予防安全性能評価を開始しています。

自動車アセスメント

自動車アセスメントは、市販車の安全性能評価試験を行い、その結果を公表することで、ユーザーが安全な自動車を選択できる環境をつくり、安全な車の普及を図ることを目的としています。

自動車アセスメントとは>>>

チャイルドシートアセスメント

チャイルドシートアセスメントは、市販のチャイルドシートについて安全性能評価試験を行い、その結果を公表することで、ユーザーが安全なチャイルドシートを選択できる環境をつくり、安全なチャイルドシートの普及を図ることを目的としています。

チャイルドシートアセスメントとは>>>