TOP > 予防安全性能アセスメント > 予防安全性能アセスメントの概要

予防安全性能アセスメントの概要

目的

 国土交通省と(独)自動車事故対策機構は、衝突が避けられない場合に自動でブレーキをかける技術など自動車の先進安全技術について新たに評価を始めました。
 これを「予防安全性能アセスメント」といい、先進安全技術を搭載した自動車の安全性能について様々な試験を行い、その結果をここにまとめました。
 この予防安全性能評価は、それぞれのユーザーの皆様にとって最適な自動車を選んでいただく上で参考になる情報を提供するためのものです。
 ユーザーの皆様に是非知っていただきたい「先進安全技術の機能や性能、留意事項」について、正しい知識を分かりやすく解説すると共に、車種ごとに性能を比較して掲載しています。
 「予防安全性能アセスメント」は多くの皆様に、より安全な先進安全技術を搭載した自動車を利用していただくことで交通事故を減らしていこうとするものです。同時にそれぞれの自動車の評価をして比較することで自動車メーカーにはより安全な自動車の開発を促すものでもあります。

試験方法・評価方法

被害軽減ブレーキ(前方自動車との衝突に対して)

 試験車を時速10 ~ 60km/h で模擬車両(ターゲット)に後方から接近させ、被害軽減ブレー キの作動試験をします。
 試験は、ターゲットが止まった状態での試験と、20km/h で走行している場合の2種類があります。警報またはブレーキの作動により衝突を回避した場 合、あるいは衝突した場合でも、衝突前にどの位速度が低下していたかに応じて得点が与えられます。

※正式名称:衝突被害軽減制動制御装置:Autonomous Emergency Braking System(AEBS)

衝突被害軽減制動制御

車線はみ出し警報

 試験車を時速60km/h または70km/h で道路の片側に引かれた白色の破線から少しずつはみ出すように走行させたときに、適切な位置で警報を発するか否かに加えて、複数の種類の警報を発するか、警報によってはみ出した方向がわかるかを確認します。複数の種類の警報を発する、あるいは、はみ出した方向がわかる場合に、また、低い速度から機能する場合に、得点が高くなります。
 なお、この試験では、道路の両側に引かれた白線を検知して、車が車線から逸脱しそうな場合に自動的に警報を発するとともにブレーキや操舵により車線内に戻そうとする、いわゆる「車線逸脱防止装置」(例:平成27年度予防安全性能評価対象車種のメルセデス・ベンツ Cクラス)は評価していません。

※正式名称:車線逸脱警報装置:Lane Departure Warning System (LDWS)

車線逸脱警報装置

後方視界情報

 ドライバーのバック時の行動に関する実験データと歩行者の移動等のパターンを組み合わせたシミュレーションにより求めた事故の危険性が高い後方エリアを全てカバーできるよう、視対象物(ポール)を配置します。具体的には、3.5m先の遠方エリアに3本、巻き込みやすい左右の近傍エリアに2本、子供が入り込む可能性のある車両のすぐ後ろとなる近接エリアに3本設置して確認します。
 視対象物の大きさは、縁故者事故で件数が多い1~2歳児を想定しました。遠方エリアについては、1~2歳児の移動時を想定して平均身長である高さ90cmとしました。近傍エリアと近接エリアについては、より厳しい条件となる1~2歳児がしゃがんだ状態を想定して高さ60cmとし、視認要件の一つであるマーキングエリアについては、1~2歳児の平均肩幅程度となる20cm幅を採用しました。
 評価点については、既に評価を行っている衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)、車線逸脱警報装置(LDWS)と同様の方法で、事故低減効果に応じて与えることとしたところ6点の配点となりました。試験の結果、適合要件を満たさない箇所等があれば減点します。

総合評価

 評価点は、日本の事故実態を踏まえて死亡・重傷事故を少なく出来る効果に応じて与えられ、その合計が2点以上の場合には先進安全車(ASV)として認定されます。さらに12 点以上の場合は先進安全車プラス(ASV+)として認定されます。