前面衝突試験の概要

試験方法


台車に固定された試験用シートに子供ダミーを乗せたチャイルドシートを取り付け、その台車を速度変化が時速55km(国の安全基準の速度の1割増)となるように打ち出すことにより、自動車が前面衝突した場合と同様の衝撃を発生させます。その時、チャイルドシートの取付部等の破損状況、ダミーの頭部や胸部の合成加速度、ダミー頭部の前方への移動量、ダミーの拘束状態の加害性などの項目を計測します。

試験では一般の量販店で普通に購入してきたチャイルドシートを使用しています。
2002年度の乳児用チャイルドシート(後ろ向き)の試験において、ダミー頭部の初期姿勢の違いにより試験結果に影響を及ぼした可能性があるとの指摘により、次年度以降の試験においてダミー頭部をチャイルドシートに接触させて試験を実施しています。
2003年度の試験より、幼児用チャイルドシートの腹部圧迫の程度について評価を行うため面圧計を使用した定量的な測定を行っています。

試験用シートが変わりました

2009年度の試験から、チャイルドシートを取り付ける試験用シートをトヨタ・エスティマから国の安全基準における試験で使用しているチャイルドシート試験専用のシートに変更して実施しています。


評価基準値の見直し
試験用シートの変更による影響を従来の試験との比較試験を実施して確認し、その結果に基づいて評価基準値の見直しを行いました。これは従来条件の評価結果と試験用シート変更後の評価結果をできるだけ継続して比較できるようにするために行った措置です。