守る-もしもの時の安全のために- 安全を守る自動車性能評価試験結果を公表します 安全な車選びをお考えの方へ ・自動車アセスメント・チャイルドシートアセスメント

使用性評価試験の概要

試験方法

チャイルドシートが実際に使用される際、誤った取付などが多数見受けられます。ユーザーが自動車の座席にチャイルドシートを取り付ける際、確実に取り付けられるように配慮されているかなどを、複数のチャイルドシートの専門家が判定しています。

評価方法

内容ごとに点数をつけ、評価項目ごとの平均点を表示します。

番号表記の図

評価項目 対象 チェック項目の標準的なレベル
取扱説明書等 1取扱説明書等 取り付けおよび装着について説明がある。
技術基準に定めるすべての記述がある。
取り付けおよび装着について、図版と文章で理解ができる。
助手席装着時の警告がある。
技術基準に定める表記がある。
取り付けおよび装着について、子供の体格別に説明がされている。
取り付け後の確認方法が記載されている。
梱包箱の表示 対象となる体重、身長のいずれかが表示(日本語)されている。
技術基準に定める表示・適合基準表示がある。
本体表示 2取扱説明書等 取り付け方法の表示がある。
助手席装着時の警告がある。
技術基準に定める注意・警告が表示されている。
表現が適切で、誤解が生じない。
製品の問い合わせ先が表示されている。
製品が適合する基準が表示(マーク等でも可)されている。
3ベルトガイド 文字によって表示している。
本体機構 4可動機構(リクライニング・回転の操作性) 確実にロックする。レバースイッチの位置が分かりやすい。
コネクタ及びトップテザーが簡単に操作できる。※
5シートカバー(メンテナンスの容易性) シートカバーを脱着した場合、ハーネス等の取り付けが間違えにくく、確実に取り付けられる。
収納部(取扱書・付属品の収納) 取扱説明書および付属品(ある場合)の収納部がある。
取付性
(車の座席への取り付け)
ベルト・ルーティング 間違えにくく、通しやすい。車両側ベルトのねじれや折れが発生しない。
6固定の確実性 1人で容易に確実な締め付けができる(体重をかけてもよい)。
固定金具等は使いやすく、十分な固定ができる。
前向き等:取り付け後ぐらつきがない(10kgfで上部を引き寄せた時、移動量が3cm以上、5cm未満)。
後ろ向き:シートバックの角度が45度±10度未満である(車両シートとの間に何かかませてもよい)。
音や表示等により確実に固定されていることが確認できる。※
装着性
(チャイルドシートへの子供の着座)
7ハーネス スロット位置が分かりやすい。
調節が簡単かつ確実に行える。
8バックル 簡単な操作で確実なロックができる。
子供が解除しにくい解除力である(40N以上)。
9着座状態 専門家がダミーを1分未満で適切に着座させられる。

※ 汎用型ISOFIXチャイルドシートについて評価対象を追加した項目

自動車アセスメント

過去の試験車はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

チャイルドシートアセスメント

過去の試験機種はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

事故自動通報システム