守る-もしもの時の安全のために- 安全を守る自動車性能評価試験結果を公表します 安全な車選びをお考えの方へ ・自動車アセスメント・チャイルドシートアセスメント

シートベルトリマインダー評価試験の概要

試験方法

シートベルトリマインダーは、乗員がシートベルトを装着していない時に、その旨を運転者等に知らせる装置であり、運転者以外の乗員のシートベルトの着用率の向上を図ることにより、死傷者数の低減を図ることを目的としたものです。試験では、当該装置の作動要件(警報のタイミング・警報の持続時間・警報の種類及び表示位置等)を確認しています。

シートベルトの着用警報装置

評価方法

助手席・後席の区分ごとに試験方法に定める要件に適合するものであるかどうかの試験を行い、要件を満たす装置については、各座席ごとに視覚警報及び聴覚警報の相違により得点を算出します。
 後席は座席が複数あるため、下表の得点を座席数で比例配分した得点を1座席の得点とします。
 これにより算出された得点の合計に応じて5 段階の評価を行います。

主な要件
警報の種類 「表示警報」又は「音警報」
警報の開始 助手席 走行後、「60秒以内」、「500m以内」又は「試験自動車の速度が25km/h以内」
後席 自動車製作者等の定めるところによる
警報の持続時間 30秒以上
警報の間隔 30秒を超えてはならない
チェンジオフステータス警報 車両速度が25km/hを超えて走行している時シートベルトが非装着状態になった際、直ちに警報を発すること

シートベルトリマインダー評価方法図

結果の見方

座席ごとの装着の有無と、助手席及び後席の評価点数の合計により、100点満点で評価し、現在市販されている自動車のシートベルトリマインダーによる助手席・後席のベルト着用効果を勘案して、各自動車の評価の差が明確になるように、100点満点中45点未満をレベル1、それ以上から満点までを4分割して、レベル2(45点以上60点未満)、レベル3(60点以上75点未満)、レベル4(75点以上90点未満)、90点以上をレベル5として表示しています。
また、衝突安全性能評価のために、8点満点に換算した得点を表示しています。

凡例

自動車アセスメント

過去の試験車はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

チャイルドシートアセスメント

過去の試験機種はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

事故自動通報システム