守る-もしもの時の安全のために- 安全を守る自動車性能評価試験結果を公表します 安全な車選びをお考えの方へ ・自動車アセスメント・チャイルドシートアセスメント

歩行者頭部保護性能試験の概要

試験方法

自動車が一定の速度で歩行者をはね、歩行者の頭部が自動車のボンネット及びフロントウィンドウ等に衝突したことを想定して、大人及び子供の頭部を模擬したダミー(頭部インパクタ)を試験機からボンネット等に発射させ、頭部インパクタが受ける衝撃を測定し、頭部傷害値(HIC)として評価します。  発射する速度は、時速40㎞(自動車の歩行者に対する衝突速度は時速50㎞相当)としています。  なお、平成27年度までは、時速35km(同じく時速44km相当)で試験していました。

歩行者頭部保護性能試験のイメージ図

(1)衝撃試験エリア

事故によって歩行者の頭部が自動車にぶつかる部位の長さによって、地上から車両の該当する地点までの距離WAD(Wrap Around Distance)を測定し、実際の事故データを基にして大人、子供の頭部の衝撃位置エリアを定めます。また、左右方向については、フェンダー部に対し45度の傾きで接する点を求め、前後方向に移動させた線(側面基準線)から内側を衝撃試験エリアとします。

歩行者頭部保護性能試験の衝撃試験エリア図(Wrap Around Distance)

(2)衝撃条件

試験の衝撃角度は、大人頭部インパクタは65°、子供頭部インパクタは50°です。  なお、平成27年度までは、自動車を車両分類によって区分し、試験エリアごとにそれぞれの衝撃条件で試験を行っていました。

歩行者頭部保護性能試験の衝撃条件表

評価方法

車両センターライン上で前後方向はWAD1000から100mmピッチ、左右方向100mmピッチで罫書いた線の交点を衝撃試験の打撃位置とし、試験により得られた傷害値を評価関数(スライディングスケール)を用いて得点化します。これらの試験の合計得点により評価します。
なお、平成27年度までは、以下の方法により評価しています。
エリアⅠ、Ⅱ、Ⅲを左右方向に6分割(平成22年度まではエリアⅢについては3分割)に細分化します。更に、細分化したエリアを各エリアに4つに再細分化します。
18分割された細分化エリア内で最も傷害値が高いと思われる1点又は2点(ただし、同一の再細分化エリア内では2点を選定しない。)を選定し、試験により得られた傷害値を代表値としてスライディングスケール(評価関数)を用いて得点化します。
これらの試験の得点を細分化したエリアごとに平均化し総合平均得点により評価します。

歩行者頭部保護性能試験の評価エリア図(平成28年度以降)

歩行者頭部保護性能試験の評価エリア図(平成27年度以前)

結果の見方

総合平均得点を傷害値に換算してから、頭部に重大な傷害を受ける確率(AIS4+)が約40%(HIC1295)の得点1.54を基礎点とし、その確率が約10%(HIC876)の得点3.14以上をレベル5として、その間を4等分した5段階で区分し評価します。
平成27年度までは、頭部に重大な傷害を受ける確率(AIS4+)が約50%(HIC1436)の得点1.67を基礎点とし、その確率が約10%(HIC876)の得点3.33以上をレベル5として、その間を4等分した5段階で区分し評価しています。
なお、歩行者保護において、現在の車両技術では、車室内乗員と比べて事故による頭部傷害値の程度が高くならざるを得ません。このため、評価領域については、今後の歩行者保護技術の開発を促す観点から、一定の救出効果が見込まれる幅広い領域において評価することとしました。

頭部傷害確率及び傷害値と評価区分図

自動車アセスメント

過去の試験車はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

チャイルドシートアセスメント

過去の試験機種はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

事故自動通報システム