守る-もしもの時の安全のために- 安全を守る自動車性能評価試験結果を公表します 安全な車選びをお考えの方へ ・自動車アセスメント・チャイルドシートアセスメント

後方視界情報提供装置

後方視界情報

後方視界情報とは、後退時に、ドライバーが直接確認することが難しい後方の視界情報を車内のモニターに映し出す装置(バックビューモニター)のことです。

試験方法・評価方法

年少者の事故が発生しやすい範囲について、幼児の体格を考慮した視対象物(ポール)を配置し、車内のモニター(バックビューモニター)で視対象物を確認します。
試験の結果、適合要件を満たさない箇所等があれば減点します。

視対象物設置位置
評価視対象物

モニターイメージ

近接エリア
適合
近傍エリア
適合 20cm以上

遠方エリア
適合 視対象物のシルエット全体が表示された上ですべての視対象物に対する視角が5'以上

注意事項

バックビューモニター機能は後方確認を行うための補助装置です。ご使用の際は、必ず後方および周囲の安全を直接確認してください。
バックビューモニターで確認できる範囲には限界があります。画面上の距離と実際の距離が異なって見えたり、対象物が変形して見えることがあります。また、気象条件やレンズの状態(異物・汚れの付着)等によっては鮮明な画像が得られない場合があります。
取扱説明書をよくご確認のうえ、安全運転をこころがけてご利用ください。

自動車アセスメント

過去の試験車はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

チャイルドシートアセスメント

過去の試験機種はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

事故自動通報システム