守る-もしもの時の安全のために- 安全を守る自動車性能評価試験結果を公表します 安全な車選びをお考えの方へ ・自動車アセスメント・チャイルドシートアセスメント

予防安全性能アセスメントの概要

予防安全性能評価の方法(2019年度まで)

日本における交通事故の発生状況と装備・機能による被害軽減効果から、評価項目ごとの被害軽減効果を点数化しています。

評価項目配点
衝突被害軽減ブレーキ対車両(2014年度~)32点112点
対歩行者:昼間(2016年度~)25点
対歩行者:夜間:街灯あり(2018年度~)40点
対歩行者:夜間:街灯なし(2019年度~)15点
車線逸脱抑制(2018年度~)ただし、車線はみ出し警報試験は2014年度~16点
後方視界情報(2015年度~)6点
高機能前照灯(2018年度~)5点
ペダル踏み間違い時加速抑制装置性能(2018年度~)2点

2018年度から2019年度まで

2016年度から2017年度まで

2014年度から2015年度まで

自動車アセスメント

過去の試験車はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

チャイルドシートアセスメント

過去の試験機種はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

事故自動通報システム