守る-もしもの時の安全のために- 安全を守る自動車性能評価試験結果を公表します 安全な車選びをお考えの方へ ・自動車アセスメント・チャイルドシートアセスメント

自動車アセスメント

Q:自動車アセスメントって何ですか?
A:自動車アセスメントは、安全な自動車やチャイルドシートを選ぶことができる環境を整えるとともに、メーカーによる安全な自動車等の開発を促進することによって、安全な自動車等の普及を促進しようとするものであり、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が一体となって行なっている事業です。
自動車アセスメントでは新車販売されている自動車に対して様々な安全性能に関する試験を行い、その結果を公表しています。
詳しくは「自動車アセスメントのご案内」をご覧ください。

回答を閉じる

Q:自動車アセスメントは、いつからどんな試験をしているのですか?
A:最初の自動車アセスメントは、1995年にフルラップ前面衝突試験とブレーキ試験を実施しました。その後、様々な試験を追加しています。詳しくは「自動車アセスメントのご案内」をご覧ください。

回答を閉じる

Q:自動車アセスメントの対象となる車は、どのように調達されるのですか?
A:ユーザーが実際に購入するように身分を明かして自動車販売店から購入しています。
ただし、自動車リサイクル法により匿名で自動車を購入することはできないので、自動車事故対策機構として購入しています。
なお、自動車製作者等からの評価の申し出により評価を実施する場合は、自動車製作者等から試験車両等の提供を受ける場合もあります。
試験車両については、不正改造の排除を目的に市場において販売されているものと同一の製造過程を経ていることを確認しています。

回答を閉じる

Q:自動車アセスメントの対象となる車は、どのようにして選ばれるのですか?
A:販売台数の多い車種等を勘案して自動車アセスメント評価検討会で選定されます。
なお、自動車製作者等からの評価の申し出による選定もおこなうことが可能となっています。
【参考】自動車アセスメント検討会:国土交通省が開催する会議で、学識経験者やユーザー代表者等で構成されています。

回答を閉じる

Q:年間に何車種くらい試験をするのですか?
A:予算や自動車製作者等からの評価の申し出による選定の数によって変わるため、一概には言えません。   ただし、毎年度、自動車アセスメントの結果公表のプレスリリースに評価車種数を記載しておりますので、詳しくは「プレスリリース(お知らせ)」をご覧ください。

回答を閉じる

Q:試験の時間はどのくらいかかるのですか?
A:準備から試験実施までに要する期間は以下のとおりです。
  • 衝突安全性能評価:概ね2ヶ月程度
  • 予防安全性能評価:概ね1ヶ月程度
  • チャイルドシート安全性能評価:概ね2週間

回答を閉じる

Q:試験結果はいつ公表しますか?
A:年度毎に1回(中間公表を行う場合は2回)試験を実施した車種をまとめて公表しています。
時期については、公表前に「プレスリリース(お知らせ)」でお知らせしています。
自動車製作者等からの評価の申し出により評価を実施した車種については、自動車製作者等が希望する時期に結果を公表しています。

回答を閉じる

Q:現在試験をしている車種を教えてもらえますか?
A:情報を得たユーザーが結果公表まで購入を控えるといったような自動車製作者等へ不利益を与える恐れがあることから結果を公開するまで秘匿しております。

回答を閉じる

Q:車の安全性は向上しているのですか?
A:過去に実施した車種について、フルモデルチェンジ後の車種と比較してみると、後継車種の評価指標(総合評価の平均値)は、フルモデルチェンジ前の評価指標より向上しており、安全性は向上しています。

回答を閉じる

Q:自動車メーカーは試験結果をどのように活用しているのでしょうか?
A:他社の車と比較されることから、より安全な自動車の開発のために活用されています。
なお、自動車アセスメントで良い評価を得られた機能や構造が他の車にも採用されることもあります。

回答を閉じる

Q:試験結果が悪い車種に関して、メーカーに何かアドバイスはするのですか?
A:自動車アセスメントは安全性能を客観的に評価するもので、車の開発に関してアドバイスすることはしません。

回答を閉じる

Q:過去の試験結果を知りたいのですが?
A:過去の試験結果は、資料ダウンロードページの試験結果一覧表でご覧いただけます。

回答を閉じる

Q:今後予定されている試験項目はありますか?
A:今後、導入する試験項目等については、自動車アセスメント評価検討会にて検討されます。詳細については、自動車アセスメント評価検討会資料にある自動車アセスメントロードマップ(国土交通省ホームページ)をご覧ください。

回答を閉じる

Q:海外でも自動車アセスメントを実施している国はありますか?
A:自動車アセスメントは海外でも実施されています。
詳しくは「世界の自動車アセスメント」をご覧ください。

回答を閉じる

Q:日本と海外では、試験の内容が異なりますか?
A:自動車アセスメントは、各国とも交通事故の実態を調査して、死傷者数の削減につながる事故形態の評価試験を導入しています。 このため、各国の交通事情や事故実態が異なること等から試験の内容も異なっています。よって、結果を単純比較することはできません。

【参考】世界の自動車アセスメント

回答を閉じる

Q:輸入自動車の試験が少ないのですが、なぜですか?
A:試験対象車種は、国内の販売台数の多い車種から順に選定されるため、あまり輸入自動車が選定されることはあまりありませんが、過去においては輸入自動車も選定されています。

回答を閉じる

Q:試験風景・施設を見学することはできますか?
A:一般の方々に試験をお見せすることはできませんが、ホームページ上で試験映像をご覧いただけます。

回答を閉じる

自動車アセスメント

過去の試験車はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

チャイルドシートアセスメント

過去の試験機種はこちらの試験結果一覧表をご覧ください。

事故自動通報システム