自動車アセスメントへのお問い合わせ

お問い合わせの前に

皆様からよくお寄せいただくご質問などを、まとめて掲載しています。

お問い合わせ前に、まずこちらをご覧ください。

【よくあるご質問】


自動車アセスメントへのお問い合わせ

回答につきましては、1ヶ月以上かかることがございます。また、内容によっては回答いたしかねる場合がございます。予めご了承下さい。
【お問い合わせはこちらから】

歩行者頭部保護性能試験の概要

試験方法

 自動車が一定の速度で歩行者をはね、歩行者の頭部が自動車のボンネット及びフロントウィンドウ等に衝突したことを想定して、大人及び子供の頭部を模擬したダミー(頭部インパクタ)を試験機からボンネット等に発射させ、頭部インパクタが受ける衝撃を測定し、頭部傷害値(HIC)として評価します。
 発射する速度は、時速40㎞(自動車の歩行者に対する衝突速度は時速50㎞相当)としています。
 なお、平成27年度までは、時速35km(同じく時速44km相当)で試験していました。



(1)衝撃試験エリア

 事故によって歩行者の頭部が自動車にぶつかる部位の長さによって、地上から車両の該当する地点までの距離WAD(Wrap Around Distance)を測定し、実際の事故データを基にして大人、子供の頭部の衝撃位置エリアを定めます。また、左右方向については、フェンダー部に対し45度の傾きで接する点を求め、前後方向に移動させた線(側面基準線)から内側を衝撃試験エリアとします。



(2)衝撃条件

 試験の衝撃角度は、大人頭部インパクタは65°、子供頭部インパクタは50°です。  なお、平成27年度までは、自動車を車両分類によって区分し、試験エリアごとにそれぞれの衝撃条件で試験を行っていました。