歩行者頭部保護性能試験の概要

試験方法


 自動車が一定の速度で歩行者をはね、歩行者の頭部が自動車のボンネット及びフロントウィンドウ等に衝突したことを想定して、大人及び子供の頭部を模擬したダミー(頭部インパクタ)を試験機からボンネット等に発射させ、頭部インパクタが受ける衝撃を測定し、頭部傷害値(HIC)として評価します。
 発射する速度は、国内基準※では時速32㎞(自動車の歩行者に対する衝突速度は時速40 ㎞相当)とされていますが、自動車アセスメントでは1割増の時速35㎞(同じく時速44㎞相当)としています。

 衝撃角度は車両前部の形状により異なります



(1)衝撃試験エリア

 事故によって歩行者の頭部が自動車にぶつかる部位の長さによって、地上から車両の該当する地点までの距離WAD(WrapAround Distance)を測定し、実際の事故データを基にして大人、子供の頭部の衝撃位置エリアを定めます。また、左右方向については、フェンダー部に対し45度の傾きで接する点を求め、前後方向に移動させた線(側面基準線)から頭部インパクタ半径分内側を衝撃試験エリアの側端とします。



(2)車両分類と衝撃条件

 試験は、自動車を車両分類によって区分し、試験エリア毎にそれぞれの衝撃条件で試験を行います。




車両分類
車両分類 定義
ボンネット形状1 ボンネットリーディングエッジ高さ835mm未満の車両
ボンネット形状2 ボンネットリーディングエッジ高さ835mm以上の車両
ボンネット形状3 ボンネット角度が30度以上の車両





衝撃条件
  エリア1 エリア2 エリア3
インパクタ 166mm/4.5kg 165mm/3.5kg 165mm/3.5kg
WAD 1700-2100mm 1350-1700mm 1000-1350mm
衝撃速度 ボンネット ボンネット形状1
ボンネット形状2

ボンネット形状3
35km/h
ウィンドシールド ボンネット形状1
ボンネット形状2

ボンネット形状3
衝撃角度 ボンネット ボンネット形状1
ボンネット形状2

ボンネット形状3

65度
90度

50度

65度
60度

25度
65度
60度

25度
ウィンドシールド ボンネット形状1
ボンネット形状2

ボンネット形状3
40度
45度


※乗用車と一部の貨物車を対象として、ボンネットの衝撃緩和性能を規定する歩行者頭部保護基準が導入されています。  この基準は2005年9月(車高の極めて低い車、高い耐久性が要求される車、貨物車、フルキャブオーバー車、ハイブリッド車は、2007年9月)より順次適用されています。