自動車アセスメントへのお問い合わせ

お問い合わせの前に

皆様からよくお寄せいただくご質問などを、まとめて掲載しています。

お問い合わせ前に、まずこちらをご覧ください。

【よくあるご質問】


自動車アセスメントへのお問い合わせ

回答につきましては、1ヶ月以上かかることがございます。また、内容によっては回答いたしかねる場合がございます。予めご了承下さい。
【お問い合わせはこちらから】

衝突試験の概要

試験方法

フルラップ前面衝突試験

 市販の乗用車は、衝突した場合を想定し、乗車中の人のけがを軽減する構造・装置を持っています。これらの安全対策を評価する試験方法は、現実の事故に近いものであること、データの信頼性が高いことなどが求められます。
 ここでは、運転席と助手席にダミーを乗せた試験車を時速55kmでコンクリー卜製の障壁(バリア)に正面衝突させ、衝突時のダミーの頭部、頚部、胸部、下肢部に受けた衝撃や室内の変形をもとに、乗員保護性能の度合いを5段階で評価しています。
 この衝突試験は、時速55kmの事故を模擬していますが、前面衝突事故のほとんどはこの衝突試験の速度以下で起きています。一方、衝突速度が非常に速い場合、衝突相手が車体の大きいトラックなどの場合、シートベルトをしていない場合などには、この衝突試験による評価はあてはまりません。
 また、衝突試験の結果は、試験車の質量が同程度の場合に限り比較が可能です。オフセット前面衝突試験でも同様の考えとなります。

フルラップ前面衝突試験用ダミー
 「ハイブリッドⅢ」と呼ばれるダミーを、運転席及び助手席に搭載しています。このダミーは米国で開発されたもので、大人の男性(身長175cm、体重約78kg(付属物を含めた試験時の質量は約85kgとなります。))を模擬したものです。

オフセット前面衝突試験

 運転席と後部座席にダミーを乗せた試験車を時速64kmでアルミハニ力ムに運転席側の一部(オーバーラップ率40%)を前面衝突させます。そのときダミーの頭部、頚部、胸部、腹部(後部座席に限る。)、下肢部に受けた衝撃や室内の変形をもとに、乗員保護性能の度合いを5段階で評価しています。
 平成20年度まではダミーを運転席及び助手席に乗せて試験を実施していましたが、平成21 年度より助手席に乗せていた男性ダミーを小柄な女性ダミーに変更し、後部座席に乗せて「前面衝突後席乗員保護性能評価」を行っています。
 フルラップ前面衝突試験が主に乗員を保護する拘束装置(特にエアバッグ、シートベルトなど)を評価するのに適しているのに対し、オフセット前面衝突試験は衝撃を車体の一部で受けるため、ダミーへの衝撃はフルラップ前面衝突に比べ弱いものの車体変形が大きく、変形による乗員への加害性の評価に適しています。
 なお、この衝突試験は物理的な換算により、フルラップ前面衝突試験と同様に時速55km程度の事故を模擬していますが、現実の衝突事故のほとんどはこの速度以下で起きています。


後部座席用ダミー
オフセット前面衝突試験用ダミー
 運転席にはフルラップ前面衝突試験と同じダミーを搭載しています。後部座席には、運転席と同様の種類の「ハイブリッドⅢ」の小柄な大人の女性(身長150cm、体重約49kg(付属物を含めた試験時の質量は約54kgとなります。))のダミーを搭載しています。

側面衝突試験

 自動車の衝突事故における乗員傷害のうち、前面衝突に続き傷害程度の大きな衝突形態として側面衝突があります。ここでは、原則、運転席にダミーを乗せた静止状態の試験車の運転席側に、質量950kgの台車を時速55kmで衝突させます。そのときダミーの頭部、胸部、腹部、腰部に受けた衝撃をもとに、乗員保護性能の度合いを5段階で評価しています。
 この台車は前面の衝突部分に自動車の前面に見立てた一般的な乗用車と同様な固さを持つアルミハニカムの衝撃吸収部材を取り付けてあります。
 また、平成20年度よりサイドカーテンエアバッグの装備された車両について、展開状況及び展開範囲についての評価をしています。これは欧州等で実施されているポールによる側面衝突試験を代替するものと考えられています。なお、今後は、より実車に近い台車や生体忠実度の高い側面衝突試験用のダミーについて検討を行う予定です。

側面衝突試験用ダミー
 「ユーロSID-2」と呼ばれるダミーを搭載しています。このダミーは、ヨーロッパで開発されたもので大人の男性(身長170cm、体重約72kg(付属物を含めた試験時の質量は約78kgとなります。))を模擬したものです。

※ サイドカーテンエアバッグ(SCA)とは、側面衝突時に乗員の頭部を保護することを目的とするものであり、ルーフレール等に格納され、側面衝突時に気嚢が膨らむことにより、主に車体のAピラーからルーフレールに沿ってCピラー付近まで展開するエアバッグです。

後面衝突頚部保護性能試験

 自動車の衝突事故における乗員傷害のうち、後面からの衝突が乗車中の事故形態の中で最も多く、その傷害のほとんどは頚部の傷害となっています。
 ここでは、後面衝突を再現できる試験機を用い、衝突された際に発生する衝撃(速度変化、波形等)をダミーを乗せた運転席又は助手席用シートに与えます。そのときの頚部が受ける衝撃をもとに、頚部保護性能の度合いを5段階で評価しています。
 この試験は同一質量の自動車が停車中の自動車に時速約36.4km で衝突した際の衝撃(速度変化時速20.0km)を再現したものです。ただし、この試験における評価と実際の後面衝突事故は、衝突速度が相違する場合、質量の相違する自動車に後面から衝突された場合や乗員の乗車姿勢・体格、座席の調整位置の相違により異なることがあり。
 なお、平成21年度から平成23年度は、速度変化を時速17.6kmで実施していました。

○後面衝突頚部保護性能試験用ダミー
 「BioRID Ⅱ」と呼ばれるダミーを搭載しています。このダミーは、後面衝突試験用に開発されたもので、「ハイブリッドⅢ」に近い(身長175cm、体重約78kg(付属物を含めた試験時の質量は約85kg となります。))仕様になっています。