TOP > 予防安全性能アセスメント > 衝突被害軽減制動制御装置

衝突被害軽減制動制御装置

被害軽減ブレーキ(前方自動車や前方歩行者との衝突に対して)

 被害軽減ブレーキとは、カメラやレーダーなどで前の自動車や歩行者を検知して、追突や衝突するおそれがある場合には、音や警告灯などでドライバーに警告してブレーキ操作による衝突回避を促し、さらにブレーキ操作が無くこのままでは追突や衝突が避けられないとシステムが判断した場合には、被害を軽減するため自動的にブレーキが作動する装置のことです。
 ただし、条件によっては作動しない場合があります。(注意事項参照)

 
  • 衝突被害軽減制動制御
  • 衝突被害軽減制動制御

試験方法・評価方法

被害軽減ブレーキ(前方自動車との衝突に対して)

 試験車を10~60km/h で模擬車両(ターゲット)に後方から接近させ、警報及び被害軽減ブレーキの作動状況を確認します。
 試験は、ターゲットが止まった状態での試験と、20km/h で走行している場合の2種類があります。警報またはブレーキの作動により衝突を回避したか、あるいは衝突した場合でも、衝突前にどの程度速度が低下していたかを確認し、それぞれの場合に応じて得点が与えられます。

※正式名称:衝突被害軽減制動制御装置:Autonomous Emergency Braking System(AEBS)

衝突被害軽減制動制御

被害軽減ブレーキ(前方歩行者との衝突に対して)

 道路横断中の歩行者を模擬したターゲットに10~60km/h で試験車を接近させて、警報及び被害軽減ブレーキの作動状況を確認します。
 見通しの良い道路を横断する場合と、駐車車両の陰から道路を横断する場合の2種類の交通環境を想定した試験を行います。警報又は被害軽減ブレーキの作動により衝突を回避したか、あるいは衝突した場合でも、衝突前にどの程度速度が低下していたかを確認し、それぞれの場合に応じて得点が与えられます。

※正式名称:衝突被害軽減制動制御装置:Autonomous Emergency Braking System(AEBS)

衝突被害軽減制動制御

注意事項

 自動車が前方の自動車や歩行者を検知し警告やブレーキの作動を行う「被害軽減ブレーキ」は、 ドライバーがきちんと安全運転をしていることを前提にしています。
 検出装置の方式や車種によってシステムの作動する速度条件や認識できる距離が異なります。
 また、気象条件や路面状態等、周囲の環境や歩行者の状況等によってはシステムが作動しない場合や、十分な効果を発揮しない場合があります。※
 取扱説明書でよく確認をしたうえで、システムに頼った運転はせず、安全運転をこころがけてください。

 

衝突被害軽減制動制御