支える

申請手続き

介護料の支給を受けるためには、受給資格の認定申請が必要となります。受給資格の認定申請にあたっては、次の書類をご提出していただく必要がありますので、詳細は最寄りの主管支所・支所にお問い合わせ下さい。

なお、原則として、受給資格の申請は、重度後遺障害をお持ちの方(対象者)又はご家族の方に行っていただきます。

申請に必要な書類

提出していただく書類
①介護料受給資格認定申請書
②対象者の戸籍謄本
③対象者が属する世帯全員の住民票の写し
④所得証明
対象者(未成年の場合は除く)、対象者の配偶者(内縁関係の場合を含む)、対象者の親(養父母の場合を含む)、主たる生計維持者(ご家族等の中で所得の一番多い方)となり得る対象者の子(戸籍から除籍になっており、かつ対象者と同じ住所地に住んでいない者及び未成年者は除く)
⑤誓約書(受給資格の喪失要件に該当していないことの誓約)
⑥念書(対象者以外の方が申請される場合)
⑦成年後見人の認定の写し(成年後見人の方が申請される場合)
⑧介護保険被保険者証の写し(対象者の年齢が65歳以上の場合)
後遺障害等級の認定
認定のある方 認定のない方
⑨自賠責保険等の後遺障害等級認定通知書
⑩重度後遺障害診断書
(Ⅰ種受給資格に該当し、特Ⅰ種受給資格をご希望の場合)
⑨交通事故証明書
⑩事故時の診断書
⑪重度後遺障害診断書

申請書等のダウンロードはこちらです。

介護料受給資格認定申請書類は、お近くの支所にご提出下さい

受給資格の認定後、具体的な受給申請の方法等について記載した「介護料受給の手引き」をお送りします。
詳しくは、当機構の本部又は最寄りの主管支所・支所にお問い合わせ下さい。

主管支所・支所一覧へ

支える被害者の支援