機構のご案内

平成28年度自動車アセスメント評価結果(前期分)を公表します!

平成28年12月1日
独立行政法人 自動車事故対策機構
自動車アセスメント部 大谷、野元、鵜飼、小瀬
電話 03(5608)7587

日本初!対歩行者自動ブレーキの評価を開始!
今回評価した11車種の自動ブレーキは歩行者にも対応します!

~平成28年度自動車アセスメント評価結果(前期分)を公表します!~

  • 交通事故による死者のうち、歩行者が約37%(平成27年)と最も高い割合を占めており、車両の安全対策として、歩行者事故防止への対策が喫緊の課題です。
  • このため、自動車アセスメントにおいて今年度より新たに「対歩行者自動ブレーキ※」の評価を開始し、11車種の評価を行いました。
  • 今回評価した11車種全てが予防安全性能の総合評価で最高ランクASV++(71点満点中46点超)を獲得しました。最高得点は70.5点(71点満点)を獲得したマツダ(株)のアクセラです。

※ 自動ブレーキの正式名称は、衝突被害軽減制動制御装置(略称:AEBS)

<平成28年度前期自動車アセスメント評価結果のポイント>

○予防安全性能評価

総合評価:自動ブレーキ(対車両・対歩行者)、車線はみ出し警報、バックビューモニターの4つの試験の合計得点による評価をいう。

※各装置はドライバーを補助するシステムであり、万能ではありません。気象条件や周囲の環境、路面状態等によってはシステムが作動しない場合や十分な効果を発揮しない場合があります。

(添付資料)

○衝突安全性能評価

(添付資料)

評価結果の詳細については、以下のホームページでもご覧いただけますのでご参照ください。

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA) : http://www.nasva.go.jp/mamoru/index.html

Get ADOBE READER

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード別ウィンドウで開きます