機構のご案内

適性診断システムの通信障害について(お詫び)

平素よりナスバの業務にご理解・ご協力を賜り感謝申し上げます。

平成26年11月19日(水)13時49分に、適性診断システムの通信回線に障害が発生したことにより、全国の支所において適性診断が一時的に行えなくなりました。

受診者・事業者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。

なお、11月20日(木)以降は通常通り全国の支所において適性診断を実施しております。

障害の詳細

全国の支所では、適性診断を受診するための受診端末を設置しております。この端末は、光ケーブルを介して適性診断システムのサーバと接続されており、皆様の受診いただいたデータをこの回線により送受信しております。

なお、回線は個人情報等の機密性から専用回線を使用し、十分なセキュリティ対策を行っております。

今回の障害につきましては、この専用回線の通信事業者内の「光ケーブルの断線」が原因となって発生した障害でした。

早急な復旧に向けて作業を行い、19日(水)22時14分に完全復旧をいたしましたが、その間、全国の支所において適性診断のシステムが停止したことから適性診断が行えず、受診者・事業者の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしました。

11月20日(木)以降は通常通り全国の支所において適性診断を実施しております。

当機構といたしましては、今後、障害等の再発防止に努め、皆様に安心して適性診断をご利用いただけるよう一層取り組んでまいります。今後ともよろしくお願いをいたします。