自動車アセスメントへのお問い合わせ

お問い合わせの前に

皆様からよくお寄せいただくご質問などを、まとめて掲載しています。

お問い合わせ前に、まずこちらをご覧ください。

【よくあるご質問】


自動車アセスメントへのお問い合わせ

回答につきましては、1ヶ月以上かかることがございます。また、内容によっては回答いたしかねる場合がございます。予めご了承下さい。
【お問い合わせはこちらから】

歩行者脚部保護性能試験の概要

評価方法

 バンパ(端部を除く部分)間を基本の試験エリアとし、このエリアを左右方向に3分割します。3分割したエリアを車体の右側からエリアL1、エリアL2、エリアL3とします。
 更に、この3分割したエリアをエリアごとに2分割し、エリアを細分化します。細分化したエリアを車体の右側から順に細分化エリアA、Bとし、各エリアの後ろに付けてL1A、L1B、L2A、L2B、L3A、L3Bと呼称します。
 3分割した各エリアL1、L2、L3内で最も傷害値が高いと思われる1点又は2点(ただし、同一の再細分化エリア内では2点を選定しない。)を選定し、試験により得られた膝部及び脛部の傷害値を代表値として評価関数(スライディングスケール)を用いて得点化します。
 これらの得点に膝部や脛部ごとに重み付けを行い各エリアの得点を算出し、分割したエリアごとに平均化し、総合平均得点により評価します。

 脚部インパクタに取り付けられたセンサーの計測値をもとに、試験により得られた脛骨(Tibia)曲げモーメント、膝部の内側側副靱帯(MCL)、前十字靱帯(ACL)および後十字靱帯(PCL)の伸び量を評価関数(スライディングスケール)を用いて得点化(ACL、PCL はリスクカーブ(傷害基準値)が存在しないことから、傷害値が13.0mm 以上の場合は「0点」として「レッド」で表し、13.0mm 未満の場合はMCLの得点で代表)しています。