歩行者頭部保護性能試験の概要

結果の見方

 総合平均得点を傷害値に換算してから、頭部に重大な傷害を受ける確率(AIS4+)が約50%(HIC1436)の得点1.67を基礎点とし、その確率が約10%(HIC876)の得点3.33以上をレベル5として、その間を4等分した5段階で区分し評価します。
 なお、歩行者保護において、現在の車両技術では、車室内乗員と比べて事故による頭部傷害値の程度が高くならざるを得ません。このため、評価領域については、今後の歩行者保護技術 の開発を促す観点から、一定の救出効果が見込まれる幅広い領域において評価することとしました。