安全装置の働きと使い方

チャイルドシート

子供を交通事故の被害から守るためチャイルドシートを使用しましょう

前面衝突時に頭や胸への衝撃を軽減します

自動車乗車中における幼児の死亡事故を見ると、チャイルドシートを使用していなかった場合の死亡率は使用していた場合より3倍以上高くなっています。子供を乗車させる場合には必ずチャイルドシートを使用しましょう。なお、道路交通法により平成12年4月1日から6歳未満の乳幼児にはチャイルドシートを使用することが義務化されています。

チャイルドシートの種類

対象の体重、身長、年齢は目安です


○乳児用

対象:体重10kg未満
(身長70cm 以下、新生児~1歳くらい)
・ 乳児期は首が据わっていないため、寝かせるタイプになっています。
・ 後ろ向きに使用する「シートタイプ」と、横向きに使用する「ベッドタイプ」とがあります。



○幼児用

対象:体重9~18kg
(身長65 ~ 100cm以下、1歳~4歳くらい)
・ 幼児の首が据わり、自身で座れることが使い始めの目安。
・ 乳児用のものを卒業してから、「前向きシート」として使用。



○学童用

対象:体重15 ~ 36kg
(身長135cm 以下、4歳~10歳くらい)
・ 「座面を上げて背の高さを補う」「腰ベルトの位置を子供の腰部に合わせる」ことによって大人用の座席ベルトが使えるようにするものです。



チャイルドシートの取付

●自動車との適合性●
汎用型(ユニバーサル型)のチャイルドシートであっても、すべてのチャイルドシートがすべての自動車に取り付けられるわけではありません。
チャイルドシートメーカーなどから出されている「車種別チャイルドシート適合表」などを参考に取り付けられるかどうかを確認して、自分の自動車に適合したチャイルドシートを選びましょう。

●取り付け方法●
チャイルドシートの取り付け方法は、製品によって異なるため、それぞれの取扱説明書に従って取り付けてください。
また、車両に装着されているシートベルトによっても取り扱いが異なる場合がありますので注意が必要です。

■ 共通取付具方式(ISOFIX 対応)シート

 ISOFIX対応のチャイルドシート取付具が座面の奥に付いている座席です。車種ごとに指定されたISOFIX対応チャイルドシートを組み合わせて使用します。また、平成18年10月にチャイルドシートに関する基準の見直しが行われ、デザーストラップとの組み合わせにより、汎用ISOFIX対応チャイルドシートが認められましたが、自動車が汎用ISOFIX対応チャイルドシートに適応している必要があります。



●取り付け時の注意点●

1.後部座席に取り付ける
チャイルドシートは、安全のためにできるだけ後部座席に取り付けましょう。
特に、助手席にエアバッグが装備されている場合に助手席に後ろ向きチャイルドシートを取り付けることは、極めて危険ですので絶対にやめましょう。

2.しっかりと固定する
取扱説明書に従いしっかりと固定することが必要です。前向きのチャイルドシートの場合は、取り付けられたチャイルドシートの上端部に前方向に力を加えても大きく動かないよう(約3cm 以下が目安)しっかり固定しましょう。
「チャイルドシート固定機能付シートベルト」が付いている自動車の場合(後部座席の左右が多い)は、チャイルドシートを取り付けた後シートベルトをすべて引き出し、ALR 機能を作動させましょう。

3.着座時の火傷に注意する
炎天下での駐車時には、チャイルドシート本体、バックル、ベルトの金具部分などが熱くなり、火傷するおそれがあります。子供を着座させる際には、各部に触れてみて、火傷をしないことを確認した上で使用しましょう。