TOP > 自動車アセスメント > 実用化された先進安全自動車(ASV)技術について

実用化された先進安全自動車(ASV)技術について

 先進技術を利用してドライバーの安全運転を支援するシステムを搭載した先進安全自動車(ASV: Advanced Safety Vehicle)の開発・普及の促進を産・学・官の協力の下、推進しております。
 現在、衝突被害軽減ブレーキ(正式名称:前方障害物衝突被害軽減制動制御装置)、レーンキープアシスト(正式名称:車線維持支援装置)、全車速ACC(正式名称:全車速域定速走行・車間距離制御装置)等が実用化されています。

衝突被害軽減ブレーキ(正式名称:前方障害物衝突被害軽減制動制御装置)

 レーダー等で前方障害物を検知し、障害物に衝突するおそれがある場合に運転者へ回避操作を行うよう警報し、さらに障害物との衝突が避けきれないと判断した場合には、障害物との衝突による被害を軽減するため自動的にブレーキ制御を行います。

レーンキープアシスト(正式名称:車線維持支援装置)

 カメラで前方の車線を認識し、高速道路の直線路で車線を維持して走行するのに必要なハンドル操作力を軽減するよう支援します。

全車速ACC(正式名称:全車速域定速走行・車間距離制御装置)

 レーダー等で前方を監視し、ドライバーがセットした車速を維持するとともに、自車両よりも遅い先行車がいる場合には、先行車との車間距離を適正に維持して追従走行をします。