機構のご案内

「第8回NASVA安全マネジメントセミナー」開催報告

~10月8日東京国際フォーラムに711名が来場~

RSS

平成25年10月18日
NASVA
安全指導部 小池、大澤
電話 03-5608-7610


第1会場 来賓挨拶 国土交通省 田端 自動車局長

NASVA(独立行政法人自動車事故対策機構 理事長:鈴木秀夫)は、平成25年10月8日(火)に東京国際フォーラムにおいて、国土交通省の後援、公益社団法人日本バス協会、公益社団法人全日本トラック協会及び一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の協賛により『第8回NASVA 安全マネジメントセミナー』を開催しました。

基調講演 井上雄一 氏 第1会場では、主催者の挨拶、本セミナーをご後援いただいた国土交通省自動車局長 田端 浩 様にご挨拶をいただいた後、基調講演として、医療法人社団絹和会睡眠総合ケアクリニック代々木理事長 井上雄一 氏より、「良質な睡眠と健康管理」をテーマとして、睡眠のメカニズムと病気との関係、重大事故の防止のための睡眠の重要性についてお話をいただきました。

続いて、NASVA 審議役 八木一夫より「ISO39001の国際動向」について報告いたしました。

パネルディスカッション 後半は、NASVAのISO39001:2012の認証を取得された企業様によるパネルディスカッションを行いました。
 「ISO39001(道路交通安全マネジメントシステム)について」と題し、パネリストに日立自動車交通株式会社 バス事業部部長代理 西窪裕光 氏、名正運輸株式会社 車輌統括部部長 山口嘉公 氏、常盤産業株式会社 代表取締役 清水英敦氏、一般財団法人日本品質保証機構 理事 森廣義和 氏をお招きし、フリーアナウンサーの八塩圭子さんをコーディネーターとして、ISO39001を取得するに至った動機から、取得後の成果、今後の目標やISO39001に対する期待などに関して各パネリストの方からお話を伺いました。

討議の内容が多岐にわたるなか、運送事業者の二者から事故件数半減などの効果があったこと、各社共通で認証取得後に社員の安全意識が向上したこと、認証取得のために一定の費用は必要となるもののそれに見合う効果が得られたとのことで、確かな手応えを得ているように感じられました。更に、今後の展望として、全車両数の98%を占める白ナンバー事業者の間に、これまでなかったISO39001という本格的な安全マネジメントツールが導入される意義は非常に大きく、白と緑ナンバー事業者が一丸となって道路交通安全に取り組むことが真の事故削減につながるとのお話があり、皆様今後のISO39001の広がりに大きな期待感を示していました。

特別講演 大川匡子 氏 第2会場では、主催者挨拶の後、一つ目の特別講演として、一般財団法人睡眠健康科学財団理事長 大川匡子 氏より「良質な睡眠と健康管理」をテーマに、睡眠不足がもたらす身体への影響や、運転者の集中力・注意力の低下など十分な睡眠がとれないことによる脳への影響について、また、適正な仮眠・休養の必要性についてお話をいただきました。

特別講演 徳政宏一 氏 続いて、二つ目の特別講演として、特定非営利活動法人広島頸髄損傷Life Net 理事長 徳政宏一氏より「重大事故からの前進~重度後遺障がい者となって~」と題して、交通事故により車いす生活となってから、また、NASVAの介護料受給者となってから現在までの様々な活動の報告とともに、交通事故防止への願いについてお話をいただきました。
更に、運輸安全マネジメントを実践されている運送事業者の代表として、阪神バス株式会社 代表取締役社長 福浦秀哉 氏より「安全マネジメントへの取組」、石原運輸株式会社 代表取締役社長 石原敏和 氏より「我が社の運輸安全マネジメントへの取組」と題して、それぞれの企業における具体的な取組状況をご報告いただきました。

また、ISO39001の認証を取得された運送事業者の代表として、相互タクシー株式会社 代表取締役社長 小野幸親 氏より「ISO39001認証取得に関する取組」と題して、同社の安全風土育成に向けた取組状況をご報告いただきました。


阪神バス(株) 福浦秀哉 氏

(株)石原運輸 石原敏和 氏

相互タクシー(株) 小野幸親 氏

第3会場では、ドライブレコーダー、デジタル式運行記録計、アルコール検知器等の安全マネジメント支援ツール機器メーカー等による展示・紹介を行いました。

NASVAでは、今後も全国50支所において運送事業者の皆様に安全に関する有益な情報を継続的に提供する「安全マネジメント関係講習会」を引き続き開催するとともに、「安全マネジメントコンサルティング」、「運輸安全マネジメント評価」、「ISO39001 体制構築支援コンサルティング」事業を通じて、運送事業者様の安全性向上を全力で支援させていただきます。

別添資料

Get ADOBE READER

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード別ウィンドウで開きます