機構のご案内

―自動車事故による重度後遺障害者への支援を拡充― 近畿・関東で「委託先病院」を公募!

RSS

平成24年2月10日
NASVA
被害者援護部 療護センターグループ
担当:高橋、大橋
電話 03-5276-4479

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)では、自動車事故による脳損傷によって重度の後遺障害が残り、治療と常時介護を必要とする方のうち、特に重度の方に入院していただき、社会復帰の可能性を追求しながら適切な治療と看護を行うための専門病院として、国内4か所(千葉、仙台、岡山及び岐阜)に療護センターを設置運営しています。
 さらに平成19年度からは、療護センターの一部機能(治療・看護)を一般病院の施設を活用して提供する、いわゆる『委託病床』を2か所(札幌及び福岡)で開始しました。
 これら全国6か所の療護施設は、いずれもほぼ順調に活動を続けていますが、その一方で、一部の地域では、療護施設が自宅から遠いことなどを理由に入院を断念している被害者家族が数多く存在するといった問題が明らかになるなど、療護施設を拡充する必要性が高まってきています。


このため、NASVAでは、昨年2月から有識者で構成する『委託病床の拡充にかかる検討委員会』及び『委託病床機能等審査委員会』(いずれも委員長:太田富雄大阪医科大学名誉教授)(※別紙名簿参照)を設置し、委託病床を拡充する方向で検討を行ってきた結果、

  1. ① 新たに大阪を中心とする近畿地区(16床)及び関東南・西部地区(12床)に委託病床を開設し、平成25年1月から患者の受入を開始すべきであること
  2. ② 委託先とする病院の選定に当たっては、一般競争入札(総合評価落札方式)により決定すること などの結論が得られたところです。

NASVAでは、これらの検討結果に沿い、本日、新たに委託病床の運営を委託する病院を募集するための入札公告を行いましたのでお知らせします。
 つきましては、下記のとおり「入札説明会」を開催します。

入札説明会の開催

(1)開催日時
関東地区:平成24年3月9日(金)15:00~
近畿地区:平成24年3月13日(火)15:00~

(2)開催場所
関東地区:独立行政法人自動車事故対策機構 本部6階会議室
東京都千代田区麹町6-1-25 上智麹町ビル
近畿地区:独立行政法人自動車事故対策機構 大阪主管支所内会議室
大阪府中央区常盤町2-2-5 大阪HUビル(旧大阪柳屋ビル)

(3)説明会出席申込み期限
平成24年3月8日(木)正午(厳守)

(4)お問合せ先
独立行政法人自動車事故対策機構 被害者援護部 療護センターグループまで
TEL 03-5276-4479 FAX: 03-3239-9336
NASVAホームページ:http://www.nasva.go.jp/

【参考】今後のスケジュール

平成24年3月8日(木)
入札説明会の参加締切
平成24年3月9日(金)、13日(火)
入札説明会の開催
平成24年5月10日(木)
応募(入札参加表明)の締切
平成24年6月29日(金)
開札、委託先病院の決定
平成25年1月(予定)
入院患者受入開始

別添資料

※①「委託病床の拡充にかかる検討委員会」及び②「委託病床機能等審査委員会」委員

氏名役職
委員長太田 富雄大阪医科大学名誉教授(財団法人大阪脳神経外科病院 名誉院長)
委員斉藤 延人東京大学医学部教授(脳神経外科)
岩尾 總一郎国際医療福祉大学副学長
門野 秀行①国土交通省大臣官房審議官(自動車局担当)
坂 明②
桑山 雄次全国遷延性意識障害者・家族の会 代表
岡 信男千葉療護センター センター長
衣笠 和孜岡山療護センター センター長
オブザーバー後藤 浩平国土交通省 自動車局保障制度参事官

《参考》
独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)の業務の概要

【機構の目的】独立行政法人自動車事故対策機構法(平成14年法律第183号)第3条(抄)


自動車事故対策機構は、自動車の運行の安全の確保に関する事項を処理する者に対する指導、自動車事故による被害者に対しその身体的又は財産的被害の回復に資する支援等を行うことにより、自動車事故の発生の防止に資するとともに、自動車損害賠償保障法による損害賠償の保障制度と相まって被害者の保護を増進することを目的とする。

  1. 自動車事故による被害者保護の増進のための事業
    療護センターの運営業務
    遷延性意識障害者への治療等のための療護施設の設置・運営
    介護料支給業務
    自動車事故による重度後遺障害者への介護料の支給・短期入院費の助成
    生活資金貸付業務
    交通遺児等への育成資金の無利子貸付・友の会の運営と家庭相談等
  2. 自動車事故防止のための事業
    運行管理者等の指導講習業務
    事業用自動車の運行管理に必要なノウハウを提供
    運転者の適性診断業務
    運転の特性を診断し安全運転に役立つアドバイスを提供
    自動車アセスメント情報の提供業務
    自動車の安全性に関する車種別比較情報を公正中立な立場で公表

療護センターの設置・運営

重度後遺障害者の社会復帰を願って

NASVAでは、自動車事故による脳損傷によって重度の後遺障害が残り、治療と常時の介護を必要とする方のうち、一定の要件に該当する方に入院していただき、社会復帰の 可能性を追求しながら適切な治療と看護を行う重度後遺障害者(遷延性意識障害者)専門の療護センターを国内4か所に、また、療護センターに準じた治療と看護を行う療護 施設機能委託病床を国内2か所に設置し、運営しております。

療護センター及び療護機能委託病床は、高度先進医療機器(CT、MRI、PET等)を用いた検査情報を基に、患者に合った治療・看護・リハビリなどを行っています。
 また、患者のわずかな意識の回復の兆しをも捉えることができるよう、ワンフロア病棟システムを取り入れて集中的に観察ができるようにするとともに、同じ看護師が一人 の患者を継続して受け持つプライマリー・ナーシング方式の看護体制を導入しており、日常生活の中で話しかけるなど多くの自然刺激を与えているほか、患者の日常生活行動 や動作訓練がスムーズに行われるようスペースを確保するなど、細やかな配慮のもとに治療・看護を行っています。

プライマリー・ナーシングによる看護
プライマリー・ナーシングによる看護

手厚いリハビリテーション
手厚いリハビリテーション

ワンフロア病棟システム
ワンフロア病棟システム