機構のご案内

評価・検討等

年度計画に基づいた貸付債権の評価

17年度計画に基づいた貸付債権の評価について

平成18年 6月9日
17年度計画に基づき、当機構に置かれた債権管理委員会において平成18年6月9日現在の貸付債権を下表のとおり評価しました。

貸付債権の評価

(単位:千円)
債権の区分 債権残額(a) 評価率(b) 評価額(a)×(b)
一般債権 10,219,877 99.6% 10,178,997
貸倒懸念債権 4,497,422 51.6% 2,320,670
破産債権等 405,911 0.0% 0
合計 15,123,210 82.7% 12,499,667

注 1.) 債権の区分は「独立行政法人会計基準」によります。

一般債権
重大な問題が生じていない債務者に対する債権
貸倒懸念債権
済期限を12箇月以上経過して延滞となっている等債務の弁済に重大な問題が生じているか又は生じる可能性の高い債務者に対する債権
破産債権等
破産等の状態に陥っている債務者に対する債権

注 2.) 一般債権、貸倒懸念債権については現在返還中の債権の回収率を評価率とし、破産債権等については回収可能性を見込むことが極めて困難なことから、評価率を0%としました。

注 3.) 貸付債権の適正な管理を図る目的から、債権管理上は会計基準に基づく上記区分よりさらに細分化して管理しています。

また、上記の評価に基づき適正な貸倒引当金を下表のとおり計上しました。

(単位:千円)
債権の区分 債権残額(a) 引当率(b) 貸倒引当金(a)×(b)
一般債権 10,219,877 0.4% 40,880
貸倒懸念債権 4,497,422 48.4% 2,176,752
破産債権等 405,911 100.0% 405,911
合計 15,123,210 17.3% 2,623,543

注 1.) 一般債権、貸倒懸念債権については現在返還中の債権の(1-評価率)を引当率とし、破産債権等については回収可能性を見込むことが極めて困難なことから、引当率を100%としました。