機構のご案内

評価・検討等

療護センター事業及び自動車アセスメント事業についての外部評価結果を公表 ~「第14回業績評価のための特別なタスクフォース」開催~

平成22年6月29日
NASVA
企画部 因泥、嶋田、池澤
電話 03-5276-4493

  1. 開催の目的・概要
     「業績評価のための特別なタスクフォース」は、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が行う中期計画、年度計画、その他事業の的確な遂行に資するため、外部の有識者の方から意見をいただくことを目的に設置されたものです。
     今回は、療護センター事業及び自動車アセスメント事業に関する評価及び平成21年度に係る業務の実施状況に関するご意見をいただきました。
  2. 開催日時等
     日時:平成22年6月16日(水)10:00~12:30
     場所:NASVA会議室
     委員:別紙1のとおり

    【タスクフォース開催風景】
    タスクフォース開催風景1 タスクフォース開催風景2

  3. 委員の主な意見・質問等
    委員の皆様から次のような意見等をいただき、これらを踏まえて療護センター及び自動車アセスメント事業について別紙2のとおりの評価をいただきました。

療護センター事業

療護センターにおける治療・看護によって改善した例

自動車アセスメント事業

自動車アセスメント

自動車アセスメント事業における情報提供については、改善すべき課題はあるが、ホームページの改善、パンフレットの配布・設置場所等の工夫がかなりされており、評価方法の改善も認められる。
新たな評価試験(後席乗員保護性能)
【新たな評価試験(後席乗員保護性能)】

自動車アセスメント事業について事業仕分けがなされたが、今後の自動車アセスメント事業に大きな問題が生ずることのないよう、これまでのナスバの知見を活用しつつ慎重に検討いただきたい。

【グランプリ表彰の様子】
グランプリ表彰の様子
【グランプリ受賞メーカーによる活用例】
グランプリ受賞メーカーによる活用例

別添資料

Get ADOBE READER

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード別ウィンドウで開きます