情報公開
概要
沿革
組織
役職員
所在地一覧
情報公開
報道発表資料
ホーム > 機構概要  >  情報公開  >  評価・検討等  >  年度計画に基づいた療護センター及び自動車アセスメント事業に関する外部評価

評価・検討等

年度計画に基づいた療護センター及び自動車アセスメント事業に関する外部評価

第4回「業績評価のための特別なタスクフォース」を開催

平成17年 6月20日
独立行政法人
自動車事故対策機構企画部
電話 03-5276-4455

1.今回開催の目的・概要

「業績評価のための特別なタスクフォース」は、独立行政法人自動車事故対策機構の中期計画、年度計画、その他、自動車事故対策機構が行う事業の的確な遂行に資するため、外部の有識者から意見をいただくことを目的に設置されたものです。
今回は、平成16年度業務の実施状況についてご意見をいただくとともに、特に、療護センター及び自動車アセスメント事業に関する評価をお願いしました。

2.開催日時等

日時:平成17年 6月 3日(金)15:00〜17:00
場所:独立行政法人自動車事故対策機構
委員:別添資料1のとおり

3.委員の主な意見・質問等

療護センター及び自動車アセスメント事業についての評価は、次のような意見等をいただき、これらを踏まえて別添資料2のとおりの評価をいただきました。

  • 療護センターは、入院患者に限定したサービス提供だけではなく、事業成果を入院待機者、在宅介護者など幅広く提供することが必要ではないか。
  • 自動車事故による被害者のニーズをよく把握したうえで、被害者保護に努めるべきではないか。
  • 自動車アセスメントで優良となった車に対して、表彰が実施できないか。
  • 自動車アセスメントについては、予防安全分野が必要なテーマではないか。
  • 組織の改革を進める一方で、職員一人一人のモチベーションを上げる方策も必要ではないか。

【各委員議論の様子】

別添資料1 「業績評価のための特別なタスクフォース」委員名簿
別添資料2 評価結果PDF(PDFファイル/105KB)
参考資料 タスクフォースによる外部評価PDF(PDFファイル/1,495KB)



get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるには、AdobeAcrobat Readerが必要です。 お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてダウンロードした上でご覧下さい。
前のページに戻る ページトップへ