機構のご案内

理事長の挨拶

独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)理事長 鈴木 秀夫我が国経済の発展、国民生活の向上は、モータリゼーションの進展により支えられてきたと申しても過言ではありません。今日の発達した車社会においては、マイカーやバス・タクシーにより日常生活の移動が確保され、また、物流の根幹を担うトラック輸送によって多方面にわたり産業が成り立っています。このように、社会経済活動を支える自動車による便益を享受する一方で、自動車事故の発生という「負の部分」が存在することを、私達自身が、直視する必要があると考えます。車社会を構成する誰もが、事故の発生防止を強く願っており、不幸にも被害に遭われた方々は、特にその思いが強いものと察します。

こうした車社会の「負の部分」をカバーすること、つまり被害者の救済は、車社会を構成する全員の支え合いによって成り立ち、それが自賠責保険・共済や自動車保険の原点です。そして、保険制度による損害賠償だけでは救済しきれない「負の部分」に対応すること、換言すれば、被害に遭われた方々に対して経済的・精神的にご支援させて頂くこと、また、被害を拡大させないために自動車事故そのものを防止すること、更に、より安全な車の情報を広くご提供すること、これらが当機構の役割・使命です。

当機構は自動車事故による被害者を「支える」、自動車事故を「防ぐ」、自動車事故から「守る」の3つの業務を一体的に実施する、いわば自動車事故対策の専門機関です。皆様に於かれましては、当機構への一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)
理事長 鈴木 秀夫